黄金の輝きトパーズの魅力 人気のカラーはどれ?

インペリアルトパーズ ルース

ジュエリーなどに使用されることも多いトパーズ。

11月の誕生石と聞いてトパーズを連想される方も多いかもしれないですね。

実はカラーバリエーションが豊富で、色や種類によって価値が大きく変わることもある宝石です。

個人的な主観かもしれませんが、トパーズの輝きはどことなく柔らかく水々しい雰囲気で、潤いさえ感じるような気がします。

今回はそんなトパーズについて調べてみましたので、ご紹介しますね。

トパーズとは

トパーズ ルース

基本情報

結晶系 斜方晶系
化学組成 アルミニウム・フッ素・水酸珪酸塩
硬度 8
比重 3.56-3.57(Fタイプ)
3.50-3.54(OHタイプ)
屈折率 1.61-1.62(Fタイプ)
1.63-1.64(OHタイプ)
光沢 ガラス光沢

特徴

トパーズは古代ギリシャやローマでは太陽や黄金の象徴とされていたと言い伝えられている宝石です。

和名を黄玉(おうぎょく)といいます。

これは、かつてトパーズといえば黄色というように、黄色がトパーズの代表的な色だったことからきているそうです。

しかし日本でも採れるというトパーズですが、日本で黄色のトパーズが産出されることは今も昔もほとんどないそうです。

ではなぜ、黄玉と名付けられたかというと、それは明治の鉱物学者が最初に見たものがブラジル産の黄色いものだったからではないか、と推測されているそうです。

現在では、各産地から黄色以外の色のトパーズも産出されている他、加熱処理や放射線照射の技術が発達したこともあり、カラーバリエーションが豊富な宝石として有名です。

産地

ブラジル、ロシア、タイ、カンボジア、ベトナム、アフリカ、アメリカ、日本

かつて日本の滋賀県はトパーズの名だたる産地として知られていたそうです。

日本で採れるトパーズは無色や青色が多かったといわれています。

名前の意味

トパーズの名前の由来は諸説あるとされますが、よくいわれているのは

  • ギリシア語の”topazios”=「探し求める」から由来した
  • サンスクリット語(インドなどの東南アジアの言葉)の”tapaz”=「火」から由来した

この2つです。

ちなみに、1つ目のギリシア語の”topazios”から由来して「トパーズ」になったという言い伝えですが、これは昔、紅海に浮かぶSt.john’s島が周辺を霧に覆われやすく探しにくかったことから、この島とこの島で採れる宝石のことを「トパーズ」と呼んでいたことからきているといわれています。

しかし、実はそれは今の「トパーズ」ではなく、「ペリドット」のことだったのではないかともいわれているそうなので、細かいことはよく分からないのかもしれないですね。

原石の形

ブルートパーズ 原石

トパーズはアルミニウムやケイ素などでできたケイ酸塩鉱物です。

花崗岩ペグマタイトや結晶質石灰岩などの中に生成されるといわれ、結晶は柱状に伸び、断面は菱形で柱面に条線が入ることが多いそうです。

インペリアルトパーズ 原石
ちなみに、こちらはインペリアルトパーズの原石です。まるでべっこう飴のような見た目ですね!

2つのタイプに分かれるトパーズ

トパーズ ルース
トパースは化学構造によって、OHタイプとFタイプの2つに分けられるといいます。

OHタイプ

特徴

  • 主にインペリアトパーズのことを指す
  • Fタイプに比べ、希少価値が高い
  • 水素基が含まれている
  • Fタイプより屈折率が若干高い
  • 退色性がない
  • ブラジルやパキスタンが主な産地
  • ピンク~オレンジ~レッドの色合いのものが多い

Fタイプ

特徴

  • フッ素が含まれている
  • 屈折率はOHタイプより低い
  • 長時間光に晒されると退色する可能性がある、放射線照射がされているものが多い
  • カラーレス、ブルー、グリーン、イエロー、褐色 など

大きく分けてこの2のタイプに分かれますが、ほとんどのトパーズがFタイプに属するといわれています。

色と種類

トパーズ ルース
前述したとおり、トパーズはカラーバリエーションが豊富な宝石で、様々な色が存在します。

中には人工的にコーティング処理が施され、色が作られたものもあります。いくつかご紹介しますね。

ピンクトパーズ

ピンクトパーズ ルース
現在ピンクトパーズとして市場に出ているものは黄色や褐色のトパーズに加熱処理を加えたものが多いといわれていますが、未処理で美しいものもあるそうです。

多くはOHタイプに属し、ピンク色のインペリアルトパーズとして販売されるものもあります。

ブルートパーズ

ブルートパーズ ロンドンブルー スイスブルー スカイブルー ルース
ブルートパーズの中で人気があるものは、色の濃さによって呼び方が変わる、スカイ、スイス、ロンドンの3つです。

スカイが一番色が薄く、ロンドンが一番濃いです。

上の画像で説明すると、上がスイス、向かって左がロンドン、右がスカイです。

スカイブルートパーズはアクアマリンと色がよく似ているため、時折混同されて販売されていることもあると聞きます。

この3つの中で一番価値高く評価されることが多いのは、ロンドンブルートパーズです。

なお、ブルートパーズは、通常照射処理が行われている宝石です。

カラーレストパーズ

カラーレストパーズ ルース

カラーレストパーズはブリリアントカットが施されると、ダイヤモンドに似た輝きをもつことから、ジルコンなどとともにダイヤモンドの代用品とされていた時代もあるそうです。

カラーレストパーズにコーティング処理などを施し、様々な色に変化させて販売されることも多いといわれています。

レッドトパーズ

レッドトパーズ ルース

無処理のレッドトパーズはめったに産出されず、更に美しい色合いのものは非常に少ないといわれるレッドトパーズ。

多くはOHタイプの「インペリアルトパーズ」だといわれています。

希少価値もコレクター人気も高いことから、市場価格も上がり続けているそうです。
もし出会えたとしても、簡単に手が出せる金額ではないかもしれませんね。

しかしレッドトパーズには着色コーティングされたものもあるといいます。
こちらは市場にも多く出回っており、価格も安いため手に入れやすいと思います。

ただし、中には着色コーティングされたレッドトパーズを未処理のものと偽って高額に売る業者もいると聞きますので、ご注意くださいね。

ミスティックトパーズ

ミスティックトパーズ ルース

ミスティックトパーズはカラーレスのトパーズにコーティング処理が施されたものです。

見た目がまるで万華鏡のようで、華やかな雰囲気がありますよね。

皇帝の名をもつインペリアルトパーズ

インペリアルトパーズ ルース

インペリアルトパーズはトパーズの中で最上質と評価され、とても希少価値が高い種類です。

前述したとおり、全てOHタイプに属します

「インペリアル」は 帝国の・皇帝の・威厳がある・最上級のという意味をもちます。

名前の由来は諸説ありますが、一説によると、ブラジルのドン・ペドロ皇帝にとても愛され、王冠に飾られていたことからだとか。

インペリアトパーズの色としては、オレンジがかった黄色からオレンジ、レディッシュオレンジやピンク色のものまで様々あるといわれます。

その中で、一番人気があるのはシェリーカラーと呼ばれるオレンジやピンクがかった黄金カラーのものです。

バイカラーインペリアルトパーズ ルース
中にはバイカラーのものもあります。

トパーズは11月の誕生石

ブルートパーズ リング
トパーズは11月の誕生石です。

石言葉は 「誠実、友情、希望、潔白」です。

秋が深まる11月の誕生石のトパーズ。石言葉は人生に深みをもたらすことに関連しているような気がします。

トパーズ以外の11月の誕生石

シトリン ルース
11月の誕生石は他にも、シトリンがありますので少しご紹介しますね。

鮮やかな色味のシトリンはフランス語で「レモン」という意味をもちます。※諸説あります

シトリンの色味は含まれている鉄分と放射線の影響によるものと考えられています。

天然のものは殆ど採れないとされ、現在市場に出ているもののほとんどはアメシストに熱処理を加えたものだといわれています。

石言葉:友愛、希望、潔白

トパーズにも多色性がある?

ブルートパーズ ルース
トパーズにも多色性という特性があります。

これは見る角度によって違う色に見えるという性質で、有名なのはタンザナイトやアンダリュサイトなどですね。

ただトパーズの多色性は全般的にそれほど強くない場合が多いとされ、タンザナイトなどのように顕著に分かる感じではなさそうです。

トパーズの偽物や合成石について

トパーズ ルース
トパーズの偽物として、ガラスで作ったものも多く出回っていると聞きます。

ガラスと天然石の簡単な見分け方は、

1.触った時に冷たくない
2.ファセット稜線がぼんやりしている

ということだそうです。

ファセット稜線をチェックするときは、光を反射させて見るそうです。
モース硬度が異なるため、鋭さが違うのだとか。

ただ、慣れていないと見分けることはなかなか難しいと思いますので、気になった時は迷わずプロにお願いしましょう。

合成石について

トパーズにも合成石は存在するかもしれませんが、市場にはそれ程出回っていないように感じます。

ただ、スピネルなど別の石の合成石がトパーズとして販売されていることなどはあるそうですので注意は必要です。

しかし、それらを見た目だけで判断することはプロであっても難しく、専門の機械も必要となりますので、きちんと確かめたい場合は信頼のおける鑑別機関に見てもらうようにしてくださいね。

コーティング処理を施されたトパーズについて

ミスティックトパーズ ルース
トパーズにはコーティング処理を施されたものも多く出回っています

ミスティックトパーズのように、全てが着色コーティングで作られているものもあれば、一部のものをブルーやレッドなどにコーティングして売っている場合もあります。

コーティング処理されたトパーズであることをきちんと明記して販売されているお店から納得して買う分には全く問題ないと思いますが、中には天然の色であると偽ったり、知らずに販売している業者もいると聞きます。

天然の色と思って気に入って買ったら、実は着色コーティングだった、というのは何だかちょっと騙されたような残念な気持ちになりますよね。

着色コーティングされたトパーズにはある種の特徴がありますので、それを覚えておくと買う前に少しは役に立つかもしれません。

その特徴とは
1. 鏡のような不自然な光沢がある
2. 経年変化により光の反射でファセット稜線に色抜けが見られる
3. 針で削ると剥げる
の3つです。

3は写真や購入前のもので試すことはできませんが、2の色抜けについては、ネット上の写真でも分かることがあるそうですので、トパーズを購入するときは注目してみると良いかもしれません。

https://twitter.com/keiichiro_oyama/status/1036599551400931328?s=20

トパーズの価値基準

ブルートパーズ ハートカット

では、トパーズの価値はどんなところで見るのか、順番に追っていきましょう。

色が濃く鮮やかなもの程高い価値がつけられること多いといわれています。

ちなみに、トパーズの中で一番価値が高いとされるインペリアルトパーズは、前述したとおり、シェリーカラーのものが最も人気も価値も高いとされますが、その中でも赤味が強いものほど高く評価されるそうです。

クラリティ

トパーズは全般的にインクルージョンが少ない宝石です。

なので、透明感の高い、明るい輝きをもつものを比較的簡単に手に入れることができます。

カット

トパースはモース硬度8と高いこともあり、様々な形にカットされることが多いです。

特殊カットを施されたものもありますので、色んなカットのものを集めるのも楽しいと思います。

世界最大のトパーズとは?

出典元:https://geogallery.si.edu/

 

現在、カットされたトパーズの中で世界最大といわれるものは、「アメリカンゴールデントパーズ」と呼ばれる22,892ctのイエロートパーズです。

ブラジルで発見されたこの宝石は、レオン・エイジによってカットされ、1988年にスミソニアン協会に寄付され、現在ワシントンDCの国立自然史博物館に展示されているそうです。

元々トパーズの原石は、大きいまま産出されることもあるそうで、かつてブラジルで271kgのトパーズが採れたこともあるそうです。

最後に

ホワイトトパーズ リング
今回はトパーズに関して調べてみました。

個人的には、オレンジと水色というイメージが強かったのですが、実はカラーバリエーションが豊富な宝石だったことに驚きました。

色が多い分選択肢が広がるということなので、好みのものを見つけやすいかもしれませんね。

ゴージャスなインペリアルトパーズも素敵ですが、爽やかな色合いのブルートパーズも魅力的だと思います。

色によっては比較的手に入れやすい値段で販売されていることもありますので、興味がある方はぜひ探してみて下さいね。
今回の記事でトパースに少しでも興味をお持ちいただけたら嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございました。

リカラット編集部 監修