虹色の輝きはどうして? オパールの不思議

虹色の輝きはどうして? オパールの不思議

角度を変えることで赤・オレンジ・黄・青・緑・紫と、さまざまな表情を見せてくれる夢のような宝石オパール。私が宝石好きになったきっかけは、そんな虹色に輝くオパールとの出会いでした。しかし、実はオパールには虹色の出るもの以外にもいろいろな種類があるのです。
今回は、私が愛してやまないオパールについて、いろいろとお話させていただこうと思います。

オパールってどんな宝石?


一般的に、オパールというと虹色の輝きをもつ宝石というイメージが強いと思います。あの角度を変えることでいろいろな色が現れる現象は「遊色効果」と呼ばれています。青や紫、緑といった寒色系の遊色効果をもつものが多く、オレンジや赤といった暖色系の効果を持つオパールはあまり数が多くありません。
そのため、色でいうと赤が出るもののほうがどちらかといえば価値は高くなりますが、色自体よりもやはり遊色効果が強く出る美しいものの方が、オパールの場合はより高値になる傾向にあります。中には、猫目のように1本の光の入るキャッツアイ効果のあるものもあります。珍しさから高価ではありますが、好みの分かれるところでしょう。

遊色効果のないオパールとは


オパールの魅力は虹色の遊色効果にあるといっても過言ではないのですが、なかには遊色効果のないタイプのものもあります。

ファイアオパール

代表的なのが透明感のあるオレンジや赤色のファイアオパール。もちろん、遊色が美しい方が価値は高いのですが、遊色効果のないものも多く見られます。虹色の輝きがなかったとしても、鮮やかな赤色のものはジュエリーにすると、高級感があります。

ピンクオパール

透明感のない単色のオパールで、ピンクオパールというものも遊色効果のないオパールです。こちらはコモンオパールと呼ばれ、桜貝のような可愛らしい色が特徴。シルバーアクセサリーなどに加工されることの多い宝石です。

ブルーオパール

コモンオパールのなかで、個人的にかなり好きなのがブルーオパール。少し乳白がかっているもののパライバトルマリンのようなハッとするような蛍光味があるものもあり、とても魅力的です。色が似ている宝石にシーブルーカルセドニーというものがありますが、それは特殊な方法で染めたメノウです。ブルーオパールにも染めたものもあるようなので、購入時には注意が必要です。

一味違う!少し変わったオパールたち


あまりジュエリーに使用される機会は多くありませんが、なかには一風変わったオパールもあります。

ボルダーオパール

アートとしての人気が高いのがボルダーオパール。母岩がついたオパールです。母岩の上のオパール部分の割合や、色などによって絵画のような味わいがあるものもあります。宝飾品というよりは芸術的な価値のある宝石になるので、売り手の価値観によって値段の変化がもっとも大きな宝石といえるかもしれません。

カンテラオパール

ボルダーオパールと同じ母岩がついているオパールの中で、母岩に埋もれているようなものがカンテラオパール。母岩から覗くオパールの遊色は魔法の卵のような可愛らしさがあります。なかでもメキシコ産が多く、中のオパール部分は透明~オレンジ色までさまざまなタイプがあります。

マジックオパール

最後にご紹介するのが、マジックオパール(カメレオンオパール)。これは、一見ただの黄色味をおびた白色の玉のようなものが多いのですが、蒸留水に浸すと美しい遊色効果を持つ透明なオパールに変身します。ふたたび乾燥させると元の色に戻ってしまいますので、装飾品に向いているとはいえませんが、その変化を見ているだけで魔法にかけられたような楽しさがあります。

オパールには人工石も存在しますが、天然石のような自然なものは少なく、かなり激しい遊色が出るのが特徴です。そのため、あまり知識のない人であっても、一度見ればすぐに見分けがつくと思います。
ただし、ブラックオパールの場合は普通のオパールの後ろに黒い石を貼り合わせたり、背面を黒く塗ったりした偽物もあるので注意が必要です。
自分で見分ける自信がないうちは、信頼できるお店から購入することが一番大切だと思います。

リカラット編集部 監修