今年のGUCCIのジュエリーは動物モチーフが熱い!絶対欲しい商品はこの3つ!

出典元:https://www.gucci.com/jp/

今年のGUCCIのジュエリーは動物モチーフが熱い!絶対欲しい商品はこの3つ!

ハイセンスなセレブのファッションを見習いたい?

それならホテルのラウンジカフェで人間観察をしてみるといいかも。
1898年、17歳のグッチオ・グッチは故郷のイタリアを離れ、イギリスの高級ホテル「サヴォイ」でボーイとして働きながら、上流社会のファッションとセンスを磨きました。

革製品から始まり、スカーフ、香水、ジュエリーと商品を展開して世界的ブランドに成長したグッチ。正統派高級志向から、最近はぐっと路線を変えて、ファッションリーダーの座を確立しているのをご存知ですか?

特に今年のグッチはジュエリーが秀逸!グッチが手がけるモチーフジュエリーのイチオシアイテムとその歴史についてご紹介します。

トム・フォードからアレッサンドロ・ミケーレへ

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=5jio6v0sCko]

007のようにハイスペックでハンサムな男性。トム・フォードが目指す『グッチ』はまさにそんなイメージを演出していました。
※実際に2012年のジェームズ・ボンドの衣装はグッチが製作を担当

しかしそんなスーツが似合うイケメンのトム・フォードから、まるで一昔前のヒッピーを連想させるアレッサンドロ・ミケーレにクリエイティブ・デザイナーが変わったことで、全く新しい革新的な変化を遂げたグッチ。

アレッサンドロ・ミケーレが得意とするのは動物、植物を使ったモチーフデザイン
トラや蜂のように、もともとジュエリーデザインとして古くから愛され続けているものだけでなく、彼がなぜ、今モチーフデザインにこだわるのか。その世界観を探ってみました。

モチーフジュエリーには意味がある

ブルヘッド リング

〔アンガーフォレスト〕ブルヘッド リング
¥ 64,800 (税込)
エイジング フィニッシュ スターリングシルバー
グリーン グラスストーン
ラージサイズ:34 mm
https://www.gucci.com/jp/

今回のグッチのシルバーアクセサリーにもふんだんに多用されている動物モチーフ。このモチーフはカルティエ、ショーメといった有名ジュエラーも好んで使っています。

例えばジュエリーとしてのトラには「キング・オブ・トップ」「権力」「支配」といった誰よりも強いというイメージがあります。マレーシアの国章、ロシアの紋章にもトラは使われています。まさにトラは王侯貴族が好むモチーフと言えますよね。

そしてはアンティークジュエリーにもよく見られます。古代ギリシア時代から「縁起が良い」とされ、よく働くミツバチにちなんで、「勤勉」「豊穣」といった意味があります。

モチーフジュエリーには、流行に流されない深い意味と作り手の想いが込められています。シンプルでどんなファッションにも合うとは言い難い、強い個性を持つモチーフジュエリー。グッチは新しい未来に挑戦しているといってもいいかも知れません。

グッチのモチーフジュエリーおすすめはこの3つ!

ビー(ハチ)リング

クリスタル&パール付き ビー(ハチ) リング
¥ 68,040 (税込)
エイジングゴールド フィニッシュ メタル
エイジング フィニッシュ クリスタル
インターロッキングG付き クリーム レジンパール
幅58 x 長さ65 mm
https://www.gucci.com/jp/

この蜂のリングは、ジーンズなどのカジュアルファッションはもちろん、スーツの外しテクとしてあえて合わせても個性的で人目を引きますよね!アンティークな趣は一生モノですが、お値段は税込6万円台とお手頃!

キャットヘッド ネックレス表
キャットヘッド ネックレス裏

〔ル マルシェ デ メルヴェイユ〕ネックレス
¥ 352,080 (税込)
18K イエローゴールド
ブラックオニキスにフラワー パターンの彫刻
ダイヤモンド(合計0.06ct)
クラスプ クロージャー
ペンダント:10 mm
長さ:45 cm(40 cmまで調節可能)
https://www.gucci.com/jp/

そしてこのキャットヘッドのネックレス(ル マルシェ デ メルヴェイユ)は裏表にデザインがあり、シーンに合わせて使い分けることができます。お値段は35万円台ですが、素材はイエローゴールドとオニキス。それだけの価値はアリ。

また、彼のデザインの中で、おすすめなのは今回だけかも知れないキャットのデザインジュエリーにも注目です。

キャットヘッド リング横
キャットヘッド リング正面

Blind for Love シルバー リング
¥ 48,600 (税込)
スターリングシルバー
https://www.gucci.com/jp/

5万円を切るコスパの良さと、グッチならではのハイクオリティーなデザイン。初めてグッチを買う、という人にも、アレッサンドロ・ミケーレのこの猫のシルバーアクセサリーは付けやすいのでは?

最後に

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=aCl1Rv5JWss]

高級食器、「リチャ ード・ジノリ」のクリエイティブディレクターも兼任しているアレッサンドロ・ミケーレ。彼の世界観は、繊細さと大胆さ、そして馬具や革の装飾品メーカーとして出発した、初代のグッチオ・グッチへの憧憬が込められている気がします。

もともと昔の貴族たちは、家柄や集団、階級などを動物や植物などをモチーフにデザインし、紋章に描き込んでいました。
アレッサンドロ・ミケーレはそれを現代のファッションに合わせて作り変え、モチーフの持つ象徴的意味を残そうと考えているのかも知れません。

今後も革新を続けるであろうグッチ。
お花や星といった甘いモチーフではなく、少し刺激的なこの動物モチーフのジュエリーを身につけて、もっと個性的な自分を発信してみてはいかがでしょう?
今年のグッチは新しい人生を踏み出したいあなたの背中を強く、強く押してくれるはずです!

リカラット編集部 監修