希少価値が高い2種類のグリーンガーネットとは?

グリーンガーネット ツァボライト デマントイド ルース

赤色の宝石という印象が強いガーネットですが、実は全ての色が揃っているといわれるほどカラーバリエーションが豊富な宝石です。

その中で近年人気も知名度も上がっているといわれているのがグリーンのガーネット

以前別の記事でもお話しましたが、ガーネットはとても奥の深い、面白い特徴をもった宝石です。

カラーだけではなく種類も豊富なため、グリーンのガーネットも一つではありません

そんな奥深いガーネットの世界と一度見たら虜になりそうな魅力あるグリーンのガーネットについてご紹介しましょう。

ガーネットについて

グレープガーネット ルース
ガーネットと聞くと、真っ先に赤い石を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。母が持っていた指輪の、少し暗めの赤い石

それが私のもつガーネットのイメージだったのです。

大人になって宝石店巡りが趣味になり、そこではじめてガーネットには様々な色があることを知りました。

ガーネットとは「ガーネット一族」を総称した名前で、いわばグループ名のようなものだったんですね~。

化学成分は16種類もあって、組み合わせによって色や性質が多様化するのだとか。

それらを大きく分けると、「アルミニウムガーネット」と、「カルシウムガーネット」の二系統になるそうです。

アルミニウムガーネットには赤やオレンジ系の色味のものが多く、カルシムガーネットにはグリーンや黄色、褐色系の色合いのものが多いといわれています。

▶とっても奥の深いガーネットについてもっと知りたい方はコチラ

グリーンのガーネットについて

グリーンガーネット

カルシウムガーネットには「グロッシュラー」「アンドラダイト」「ウバロバイト」という3つの種類があります。

様々な色相があるグリーンのガーネットですが、その中でも希少価値が高いと人気なのが「ツァボライト」と「デマントイド」です。

ツァボライトはグロッシュラーデマントイドはアンドラダイトに分類されています。

なんだか舌を噛みそう・・・

グリーンガーネットを鑑別するときは、成分や屈折率などによって「ツァボライト」「デマントイド」「グリーンガーネット」の3種類に分けられることが多いそうです。

鑑別書にグリーンガーネットと書いてあるものは、ツァボライトでもデマントイドでも無く、それ以外の緑色のガーネットであるということですね。

ツァボライトについて

ツァボライト

タンザニアとケニアにまたがって広がっている「ツァボ国立公園」で採掘されたことから、ティファニー社が1974年に命名したツァボライト

まるでエメラルドのような美しさと、希少価値の高さから注目されています。

ツァボライトの特徴産地歴史などについてご紹介しましょう。

ツァボライトの特徴

ツァボライトは、先ほども触れたように、カルシウムガーネットの中の「グロッシュラー」に分類されています。

正式名称は、グリーングロッシュラーガーネットだそうです。

グロッシュラーの部分を省略して、グリーンガーネットと呼ばれることもあるそうですが、前述した、鑑別書でグリーンガーネットと記載されるものとは異なります

グロッシュラーには無色、褐色、緑色などがあって、不純物が無い場合は無色になり、微量の元素が混じると色がつくと考えられています。

エメラルドと同じ元素であるクロムとバナジウムが含まれていて、黄色味がなく緑色に発色したものがツァボライトです。

ツァボライトの緑色は、エメラルドと同じ元素なんですね~。

はじめてツァボライトを見た時は、高品質のエメラルドかと思いましたよ。明るい緑色で照りが良く、まさにエメラルドグリーンに輝いていました☆

ちなみに、ツァボライトにはバイカラーのものもあるそうです。
ツァボライト

ツァボライトの産地

ツァボライトが最初に発見されたのは、タンザニア北東部のマニヤラ地域とムコマジ国立公園の中間だったといわれています。

その次に発見されたのが、タンザニアとケニアにまたがって広がっているツァボ国立公園です。

グロッシュラーガーネットは、スリランカ・メキシコ・マダガスカル・イタリア・カナダ・ケニア・タンザニアなどで産出されていますが、その中でも美しい緑色のツァボライトは、タンザニアとケニアの一部でしか採掘されないといわれています。

とても貴重だということがわかりますね。

ツァボライトの歴史

ツァボライトにはある人物による、深い物語があるのをご存知でしょうか。

発見されたのは1969年のコト。

赤いガーネットが数千年前から使われていたことと比べると、ツァボライトはかなり新しい宝石ということになりますね。

地質調査のためスコットランドからやってきた地質学者キャンベル・ブリッジス博士が、タンザニア北東部で偶然見つけたのだそうです。

タンザニアに移住したキャンベル博士は採掘権を申請しましたが、タンザニア政府に却下されてしまいます。

諦めきれない博士はツァボライトの鉱脈がケニアにも広がっていることを見つけ、ケニア側でも調査を続けます

そしてついに1971年、ケニア政府から採掘権を得ることに成功したのです。

博士はその鉱山をスコーピオンと名付け、地元の鉱夫と共に採掘を開始、アメリカ市場に提供したところ、注目を浴びることになります。

そして前述のとおり、1974年にティファニー社が「ツァボライト」と名付け大々的に販売したことで、人気と知名度が確立したということですね。

ところが2009年、キャンベル博士は不幸にも殺害されてしまったそうです。犯人は、地元の競争相手だったとか。

そしてキャンベル博士亡き後、採鉱事業は停止してしまったといいます。(近々また再開されるという話もあるようですが。。)

ツァボライト ルース

ツァボライトにはこんな物語があったのですね~。

でも自分の鉱山を持てたらいいですよね~。

私がタンザニアで暮らしていた時、「タンザニア全土に様々な宝石の鉱脈が眠っていて、あまり調査がされていない南部の土地をアメリカや中国の富豪が二束三文で買い取り、こっそり宝石を採掘して大儲けしているらしい」という噂をよく耳にしました。

実際にそれを目にしたり、所有者に出会ったことはないのであくまでも噂ですが、タンザニアの土地はとても広大で未開地も多く、宝石が地下に眠っていても不思議ではないな、と思いましたよ。

隣のモザンビークやマダガスカルでも良質の宝石が沢山採れますしね。

タンザニアで今後もまた新しい宝石が発見されるかもしれませんよ。注目です!

▶ツァボライトについてもっと知りたい方はコチラ

デマントイドガーネットについて

ツァボライト

深いグリーンが美しく輝くデマントイドガーネット

1853年にロシアで発見された時は、その美しさからグリーンカラーのダイヤモンドと思われていたそうです。

そのため、オランダ語で「ダイヤモンド」の意味である「デマント(Demant)」にちなみ、「デマントイド」と名付けられたんだとか。

ダイヤモンドのような輝きをもつグリーンのガーネット、デマントイドについてお話しましょう。

デマントイドの特徴

デマントイドは、鉱物としてはカルシウムガーネットの中の「アンドラダイト」に分類されています。

黄色のアンドラダイトはトパースに似ているので「トパゾライト」、黒色のものは「メラナイト」、そして緑色のものが「デマントイド」と呼ばれています。

実はデマントイドはダイヤモンドよりも光の分散率が高いといわれています。

ダイヤモンドは光の分散によって虹色のきらめきを見ることができるのですが、デマントイドもカットによってはダイヤモンド以上のきらめきを見ることができるそうなのです。

それから、まるで馬の尻尾のような「ホーステール」と呼ばれるインクルージョンがあることもデマントイドの特徴の一つだといわれていますね。

インクルージョンが嫌われる宝石が多い中、デマントイドはホーステールの場所や形状によっては価値を大きく高めるという珍しい宝石なのです。

またキャッツアイ効果をもつものもあり、それらはデマントイドキャッツアイと呼ばれます。
デマントイドキャッツアイ ルース

次にデマントイドの原石のお話をしましょう。

デマントイドの原石には起源が2つあると考えられており、それぞれの特徴は次の通りです。

特 徴  / 起 源 蛇紋岩起源 スカルン(石灰岩・苦灰岩)起源
深みのある濃い緑 明るく薄めのグリーン
インクルージョン ホーステール カルサイト結晶
光の分散率 弱い 強い

デマントイドの産地

デマントイドの産地として有名なのはロシアですが、他にもイタリアイランパキスタンマダガスカルナミビアなどでも採掘されるといわれています。

少量ですがアメリカ・メキシコ・韓国・トルコなどでも産出されるそうです。

しかし産地によって、デマントイドの性質は少し異なるといわれています。

ロシアのデマントイドは濃いグリーンで、ホーステールインクルージョンが見られることで有名です。

最高品質のものが多いといわれているのもロシア産です。

ナミビアやマダガスカルで採れるデマントイドは、クロムよりも鉄の含有量が多いため、黄緑色のものが多いといわれています。

ホーステールインクルージョンはありませんが、虹色のきらめきが強いものが多いそうです。

ただし、デマントイドガーネットは産地特定ができない宝石のため、その特徴があるからといって必ずしもその産地のものだと言い切れないのが現状です。

デマントイドの歴史

デマントイドガーネットが発見されたのは1853年、場所はロシアのウラル山脈。村に住む少年が、緑色に光るガラスのような石を見つけたそうです。

こうして発見された、グリーンダイヤモンドに似た輝きをもつ石は1873年にデマントイドと名付けられました

1875年頃からロシア宮廷のジュエリーとして使われるようになり、ロシアの王侯貴族たちに愛され、多くのジュエリーが作られたといわれています。

やがてヨーロッパにも伝わり、イギリス王室の宝飾品に用いられることもあったそうです。

ところがロシア革命が起き、その結果鉱山の採掘が完全にストップデマントイドガーネットは一時期「幻の宝石」となってしまったそうです。

その後、1996年にナミビアで、2008年にはマダガスカルで新たに採掘が始まります。

そしてロシアでも2002年になってから採掘が再開されたといいます。

しかしその数は年々減り、現在はホーステールインクルージョンがあって深い緑を呈している高品質のデマントイドは、ますます希少価値が高まっている状況だといわれています。

▶デマントイドについてもっと知りたい方はコチラ

ツァボライトとデマントイドの違いについて

ツァボライト デマントイド ルース

では次に、グリーンに輝くガーネットとしてともに人気のツァボライトデマントイド

このふたつの違いを見比べてみましょう。

ツァボライト デマントイド
モース硬度 7 – 7.5 6.5 – 7
屈 折 率 1.69 – 1.75 1.85 – 1.89
分 散 度 0.027 0.057
発色要因 クロムとバナジウム クロム

モース硬度を見ると、ツァボライトの方が硬いのですね。

屈折率も分散度もデマントイドの方が高いため、煌めきが強いということでしょうか。

発色要因の違いが色の違いかもしれませんね。

他に、前述したデマントイドの特徴であるホーステールインクルージョンツァボライトには見られないそうです。

 

実は昔、スリランカの宝石店でこの二つを並べて見たことがあるんですよ。

その時の印象では、ツァボライトは明度が高くてキラキラしていて、デマントイドは深みのあるグリーンで引き込まれるような魅力がありました。

それぞれ良くて選べない!という状態。

ちなみに宝石店の人からはデマントイドの方をお勧めされました。貴重なロシア産なので、ということでした。

しかしその時私はどちらも選ばず、カラーチェンジガーネットを買ったのでした。

デマントイドも買っておけばよかったと、今となっては後悔しています。

ツァボライトもデマントイドも、様々な色相があり状態も違います。

色々見て、ぜひお気に入りを探してみて下さいね。

最後に

デマントイド ルース

いかがでしたか。

ツァボライトもデマントイドも、その背景や歴史などを知ると、より魅力的に感じてしまいますよね。

どちらも希少価値が高く、採掘量も減ってきているので、ますます価値が上がる可能性もありますね!

素敵な宝石に巡り合えますように。

リカラット編集部 監修