深い赤が生む大人の魅力。ガーネットについて教えて!

深い赤が生む大人の魅力。ガーネットについて教えて!

1月の誕生石でおなじみのガーネット。ガーネットは深みのある赤色の宝石というイメージが強いかもしれませんが、実は青以外のほとんどの色のガーネットが存在します。
今回は、モース硬度7.5と宝石としても十分な硬度をもつガーネットの種類を中心にお話します。

ガーネットの特徴

ガーネット2

宝石商のなかには専門で取り扱う店舗も存在するほどに、人々を魅了する宝石、それがガーネットです。ガーネットの魅力は加熱・含侵処理などの人工処理が一般的にされないことが多いこと。無処理にこだわる人にとって、とても嬉しい宝石といえるのではないでしょうか。
一方、ガーネットには人工石が存在します。それが、「YAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネット)」です。YAGには自然界にはない、パライバトルマリンのような蛍光ブルーのものもあります。

ガーネットの種類

ガーネットには本当にたくさんの種類が存在しています。そのなかで、代表的なものを色別にご紹介いたします。

グリーン系のガーネット

ガーネット3

・グロッシュラーガーネット(ツァボライト)

一般的にグリーンガーネットといえば、グロッシュラーガーネットを指すことが多いです。最高級の青みのあるグリーンは他に似た色の宝石がないこともあり、とても人気があります。

・デマントイドガーネット

ガーネットのなかでも、最も高価といわれるのが「デマントイドガーネット」。深いグリーンとホーステールと呼ばれる内包物が特徴です。「デマントイドガーネット」の特徴である、ダイヤモンドをしのぐほどのファイア(輝き)が強く、かなりギラギラと輝くものもあります。

・マリガーネット

マリ共和国でのみ産出されるといわれる「マリガーネット」はグリーンとイエローの間のような色合いの蛍光色が特徴。「マリガーネット」もダイヤモンドのような煌きのあるガーネットで、産出量が少ないため、最も希少なガーネットといわれることもあります。

イエロー・オレンジ系のガーネット

ガーネット4

・スペサルティンガーネット

「スペサルティンガーネット」はオレンジ色のガーネットです。そのなかで、オレンジの強いものは「マンダリンガーネット」と呼ばれています。

・ヘソナイトガーネット

「スペサルティンガーネット」に比べ、少し暗い色のものは「ヘソナイトガーネット」。こちらは、ジュエリーよりもパワーストーンとして見かけることの方が多い宝石です。

レッド系のガーネット

ガーネット5

・アルマンディンガーネット

最もポピュラーな赤いガーネットが「アルマンディンガーネット」。深みのある赤い色が特徴です。

・ロードライトガーネット

「アルマンディンガーネット」の次によく見かけるのが、「ロードライトガーネット」と呼ばれるピンクがかった色のガーネットです。どちらも、それほど高価な宝石ではないため、シルバーアクセサリーに使われることもあります。

・ローゼライトガーネット

「ロードライトガーネット」と「ローゼライトガーネット」は似ている名前ですが違う石です。ピンク色のグロッシュラーガーネットのことを「ローゼライトガーネット」と呼びます。

・ウンバライトガーネット

「ウンバライトガーネット」は、ピンクやブラウン、紫といった印象の濃い色合いのガーネットです。ウンバ鉱山で発掘されたため、この名が付けられました。

少し変わったガーネット

ガーネット6

・レインボーガーネット

あまり宝石として扱われることはありませんが、「レインボーガーネット」という、虹色の一見金属のような輝きをもつガーネットもあります。メキシコと日本の奈良県で発掘されていて、ほとんどが四角い結晶の形で流通しています。

・カラーチェンジガーネット

ガーネットには、アレキサンドライトのような特徴をもつ「カラーチェンジガーネット」というものもあります。蛍光灯下ではグリーン、白熱灯下ではレッドに色が変化するのが特徴です。アレキサンドライトに比べると大粒のものが多い傾向にあります。

・ミントガーネット

ブラックライトを当てるとピンクやオレンジに発光する「ミントガーネット」は、爽やかなペパーミント色のガーネットです。メレラニ丘陵で発見されたため、「メレラニ・ミントガーネット」と呼ばれることもあります。

ガーネットには覚えきれないほど多くの種類があります。
様々な色があるので選ぶ楽しみもあります。できる限り天然に近い宝石を楽しみたいという方には、是非おすすめしたい宝石のひとつです。

リカラット編集部 監修