5月の誕生石「エメラルド」と「翡翠」 は別の宝石ですか?

エメラルドとヒスイのリング

ヒスイ(翡翠)とエメラルドは、どちらも緑の宝石なので、色や品質によっては見分けがつきにくいかもしれません。

ただし、この2つは似ていて非なるもの・・・というか鉱物学的には全くの別物です。

今回は、ヒスイとエメラルドのそれぞれの特徴などについてお伝えいたします。

エメラルドってどんな宝石?

エメラルドルース
ルビー、サファイアと並んで三大宝石のひとつといわれるエメラルド
一体どんな宝石なのでしょうか。

エメラルドの特徴

モース硬度が7.5〜8と、ジュエリーなどにも十分な硬さのある宝石です。しかしその特性上、傷つきやすく割れやすいという特徴があります。また、屈折率はそれほど高くないので、あまりキラキラと光るようなタイプの宝石ではありません

エメラルドの仲間

エメラルドはべリルと呼ばれる鉱物で、アクアマリン、モルガナイト、ヘリオドール、ゴッシュナイトと同じ仲間です。
鉄が含まれている場合には、同じグリーンではあっても、グリーンベリルという名前になります。エメラルドよりもグリーンベリルの方が色が薄く、キラキラ光るという印象があります。

エメラルドの人工処理

エメラルドは非常に人工処理を施された宝石が多いものです。無処理で美しいエメラルドは、非常に高価なものになります。とくにほとんどのエメラルドに施されているのが、オイルや樹脂を流し込む含浸処理です。個人的には「人工処理は加熱まで」と考えているのですが、オイル充填のないエメラルドは希少で高価なので、なかなか手を出しにくいです。

ヒスイってどんな宝石?

ヒスイジュエリー
翡翠という漢字は、その文字自体も美しいですよね。
昔からジュエリーで見かけることの多いヒスイ(翡翠)ですが、どんな宝石なのでしょうか。

ヒスイの特徴

ヒスイはジェダイトとも呼ばれます。縄文時代からお守りに使われていたというほど、歴史のある宝石です。よく知られているグリーン以外に、白と黒、無色透明の氷翡翠、紫色のラベンダー翡翠、青翡翠、赤翡翠などいろいろな色があります。
最も価値が高いとされるのは、高い透明度をもつエメラルドグリーンのヒスイになります。

ヒスイの価値

実は、ヒスイはエメラルドとともに私が手を出していない数少ない宝石のひとつ。その理由は、偽物を見分けるのが非常に難しいといわれていることと、品質の良し悪しが分かりにくいからです。
そのうえ、最高級のヒスイと似た色の宝石が数多くあって、プロの人でも見分けるのが難しいと聞いたことがあります。だから、ヒスイは絶対に「信頼できる業者」から購入することをおすすめします。

エメラルドとヒスイが間違えられやすい理由

迷路
もともと、ヒスイはそれほど透明度が高い宝石ではありません。そして、エメラルドは内包物が多い宝石。つまり、あまり品質が高くない、透明度の低いエメラルドは限りなくヒスイに似ているということが起こり得るのです。
透明度の低いカボションカットのエメラルドはほとんど価値のないものですが、もし、同じ見た目でもそれがヒスイだったとしたら、最高級と判断できる見た目なのです。ややこしいですね。注意しましょう。

リカラット編集部 監修